カフェテインは痩せない?成分・原材料から効果を分析!

カフェテインは痩せない?成分・原材料から効果を分析! カフェテイン
この記事は約5分で読めます。

カフェテイン(caffetein)とは、カフェイン&プロテインをかけ合わせたダイエットサポートコーヒーです。

カフェインには代謝アップ、プロテインには筋力維持が期待できるので、効率的にダイエットをサポートしたい人におすすめです!

カフェテインがダイエットサポートに良い理由

カファテイン (caffetein) がダイエットサポートに適している理由は、ダイエットをする上で大切な基礎代謝アップを効率的にサポートすることができるからです。

ダイエット成功のカギは基礎代謝アップ!

  • 「食べる量は変わってないのに昔に比べて太りやすくなった」
  • 「ダイエットで痩せても通常食に戻すとすぐにリバウンドする」
  • 「夏が終わると太っていることがある」

こんなお悩みがある人は、身体の代謝「基礎代謝」が落ちている可能性があります。

基礎代謝とは

基礎代謝とは、体温維持や内臓、呼吸など人が生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことで、寝ている時や座っている時などじっとしている間も消費されます。
このエネルギーは私たちが1日で消費するエネルギーのうち約70%を占めるため、効率的にエネルギーを消費するためには基礎代謝を上げることが大切です。

基礎代謝を上げる方法で大切なのは、筋肉量を増やすことです。

筋肉は私たちの身体を支えるだけではなく、体温を作り出す働きも担っており、基礎代謝の中でも一番多くのエネルギーを必要とします。

そのため一般的に基礎代謝が高い人は筋肉量も高いと言われています。

筋肉が鍛えられれば食べても太りにくく痩せやすい体を作ることができます。

カフェテインは筋肉&代謝維持成分が同時に摂れる

カフェテインは筋肉&代謝維持成分を同時に摂れる

カフェテイン (caffetein) の原材料名は以下の通りです。

乳タンパク、コーヒー、澱粉分解物、コーヒーエキス(コーヒー豆、デキストリン)、ミルクカルシウム、穀物麹抽出濃縮物(大豆含む)、エラスチン(魚由来)/カフェイン、香料

カフェテインの筋肉成分:ホエイプロテイン

筋肉を上手に維持・増加させるためには、筋肉の合成に必要なたんぱく質を摂取する必要があります。

たんぱく質は普段の食事からでも摂取することはできますが、食品から十分なたんぱく質を摂ろうとすると脂質の方が多くなることがあり、栄養バランスが崩れてしまいます。

そのため、余分な脂質を摂らず良質なたんぱく質のみを摂るにはプロテインがオススメ。

カフェテインには、牛乳を原料としたホエイプロテインが配合されています。

ホエイプロテインは低カロリーでありながら、栄養が凝縮しているためダイエットサポートに適しています。

カフェテインの代謝成分:クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒー由来のポリフェノールで体内ですでに溜まっている脂肪や新たに発生した脂肪を燃焼させる効果や代謝を促進させる効果が期待されています。

またカフェインには交感神経を刺激し食欲を抑制させる作用も期待できるため、代謝アップとともに食欲抑制もサポートしてくれます。

カフェテインは効果なし?痩せない理由とは

カフェテインの原材料から得られる成分を見ても、カフェテインなら効果的にダイエットをサポートすることができそうですが、中には「痩せない」と感じている人も・・。

効果が出ない原因として考えられる理由についてもまとめました。

痩せない理由1:運動を全くしない

筋肉を効果的にアップさせていくには、良質なたんぱく質を補給するとともに運動も行う必要があります。

運動といってもジムに行って筋トレをしたり外で長時間ランニングをするなどハードなものである必要はありません。

例えば、

  • エスカレーターやエレベーターには乗らず階段を使う
  • 一駅分歩く
  • 電車やバスでは席が空いていても立つ
  • 自宅で簡単な筋トレやストレッチを行う

などなど簡単なものでOK。大事なのは運動を習慣化させ、長く続けることです。

カフェテインに含まれるホエイプロテインは吸収が早いので、身体を動かした後のたんぱく質補給として飲むと効果的です。

痩せない理由2:必要摂取カロリー以上を食べている

カフェテインに含まれるクロロゲン酸には代謝促進が期待できますが、1日に必要な摂取カロリーを上回った食事を続けていては痩せることは到底できません。

一般的に女性の1日に必要な摂取カロリーは20代で1,950kcal、30~40代で2,000kcal、50~60代で1,900kcalと言われています。

脂質による摂取エネルギー量が多くなりやすいのはお肉などのメイン料理ですが、メイン料理には減らしたくない栄養素、たんぱく質も含まれます。

メインを少し減らしつつ必要なたんぱく質はカフェテインで補い、カロリーバランスを整えた食事を心がけましょう。

痩せない理由3:カフェテインで置き換えダイエットしている

一食まるまるカフェテインに置き換えると、食事のバランスが崩れ、栄養素が不足する可能性があります。

私たちの体は栄養が足りなくなると脂肪ではなく筋肉から先に減っていきます。

筋肉が落ちると基礎代謝も低くなりカロリーが消費されにくくなってしまいます。

カロリーが消費されにくくなると、リバウンドしやすい体質になるので悪循環とはまさにこのこと・・・。

そのため、過度な食事制限や置き換えダイエットは逆効果になるため気を付けましょう。

前日飲み会で食べ過ぎ・飲み過ぎてしまった時や消化が滞っている感じがする時の朝食をカフェテインに置き換える等はOKです。

カフェテインまとめ

カフェテイン (caffetein) は適度な運動の効果を出しやすくしてくれるダイエットサポートコーヒーです。

運動効果を高めるならばプロテインでもできますが、プロテインは飲みやすくするために甘くしていることも多く、一方でカフェテインは砂糖も合成甘味料も不使用なのでダイエット中でも安心。

味はコーヒーなので甘ったるい飲み物やプロテイン独特の風味が苦手な人にもおすすめです。

美味しく手軽に始められるダイエットサポートドリンクを試してみたい人は、カフェテインかなりオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました